椿がハチコ

看護師としての働き方はいろいろあります。正社員で働くと月給制で給金が支払われますが、パートとして働いている場合はだいたい時給になっています。時給がどのくらいなのかというと昼間のみの勤務で平均的なところをみると1300円ほどから1800円あたりまでになっているのが世間の相場みたいですね。パートとしては良い時給なのかもしれません。しかし、専門職である人命に関わる看護師であり、休む間もなく仕事に追われる環境について思い至ると、どうしても安く感じてしまいます。新卒で勤め始めた新人看護師や、転職によって新しく働きだした看護師に、労働に見合うだけの残業手当が出ないという職場があるといいます。ただ働きで残業をさせるのは、勤続年数や経験などは関係せず労働基準法に反した行為です。勤務時間外の労働である残業も、仕事には違いがありませんので、働いたらその分はちゃんと、給金という形で手に入るのが当然なのです。看護師を志したのはまだ中学生の頃に、職業体験というものがあったのですが、体験先の介護施設の看護師の方に衝撃を受けたからです。将来的にはこんな風に働きたいというように思い続けて看護学校に行くことを決め、現在は看護師として勤務する毎日です。大変なこともあるのですが、充実した日々を過ごしています。出戻り、つまり一度職場をやめてからまた同じ職場に戻ってくることですが、看護師のこれは多いです。そんな風に、再就職ができるのか、できないのかというのはどういった事情で職場を辞めたかによって変わるでしょう。例として、結婚や引っ越しで辞職したり、あるいは出産、育児のために辞めた、というような事情なら、心理的にも、職場にとっても出戻りは簡単でしょう。実際に、こうして働いている看護師は多いです。様々な事情により夜勤はできないとして、昼間だけのパート看護師として働くために出戻り就職をした、というケースもよくあります。働く時間を、自分である程度調整でき、自分のやってみたい仕事や働きたい施設などを多くの中から選べるのが派遣という形で働く看護師にとっての、大きな利点ではないでしょうか。仕事は、単発のものや短期のもの、それから長期で腰を据えて働けるものもありますし、こちらに都合の良い派遣先を、ある程度選べる訳ですから、もしも看護師の仕事を探している最中なら派遣で働いてみることも一応考えてみながら仕事を探すと、選択肢がとても増えます。看護師にとって当然のことですが、やめてしまいたくなることも少なからずあることと思います。仕事自体で間違ってしまうことや患者さんとのコミュニケーションが上手くいかないこともあります。しかしながら、やりがいを感じたり、仕事を続けていきたいと感じることももちろんあります。先輩からの励ましや優しい言葉など、周囲の方々に支えられて働けているんだということを日々痛感しています。高い給料をもらっている看護師でも、もっと収入を得たいと考えて、Wワークに挑む人もいます。看護師の資格を持っていれば、ツアーナース、健康診断のサポート、その他いろいろと単発の仕事や、短期の仕事もたくさんありますので、休みの日を利用しての副業というのは、比較的行ないやすいのです。しかし、メインの方の職場で看護師のWワークは厳禁、となっている場合もあり得ますし、その前に本業での看護師の仕事自体が、相当ハードなものとあって、本業に支障が出るまで副業に励むのは、止めておくべきです。少々手間もあるのですが、利点が多い看護師の能力評価については、実行している病院がほとんどのようです。ちゃんと個人個人の能力について測定し、評価をつけられるよう、評価基準を独自に作って利用している所もあるそうです。そして、この能力評価を月に一度の定例にしている所もあり、年に一度だけ、という病院もあるようです。このようにして、月一度なり年一度なりで評価を受けると、今の自分がどんな段階にあるかを知ると同時に、不足していることが何かを知ることができ、仕事に対してより真剣さが増すということもあるでしょう。看護師の世界で通用する、業界専門用語の一つとして「今からエッセンです」などという風に使う言葉があります。何のことか見当がつきますか?この言葉の意味は、食事休憩をとります、というものであり、働いている他の人にわかってもらう目的でどこでもよく通用します。ではこのエッセンというのは何かといえば、ドイツ語の動詞で食べるを意味するそうです。昔、この世界ではドイツ語の医療用語が盛んに使用されていた事実があって、そんな時代の名残ですが、とにかく今でも便利な言葉として、看護師の皆さんに使われています。高齢者はケガや病気のリスクが高く、高齢者人口が増加していくことで、近年においては一段と病院を利用する必要のある人たちが増えていっています。ですから当然、医療機関で働く看護師もどれだけいても足りないという程、看護師が足りなくて困っている、という病院はたいへん多いのです。しかしながら、業界で人材が不足しているのなら、求人募集がとても多いということでもあり、転職を希望している看護師にとっては、転職先を見つけやすい等の良い面もあるのです。仕事を続けながら、妊娠を継続させている看護師は大勢いますが、気を付けてほしいことはする必要のない放射線被曝を絶対にしないこと、これに尽きます。X線撮影やCT検査など、看護師が放射線の被曝を受けてしまうかもしれない機会は多いため、油断は禁物です。もう一つ、薬のことも妊婦にとって危険な、強い薬に接することもあり、放射線被曝と同じくらい、注意が必要です。立ち仕事や夜勤シフトなど、看護師の仕事はかなり身体に厳しい仕事で、流産してしまったり、早産になってしまうなどの確率が若干高めです。それを踏まえ、妊娠期間中だけでも、きちんと休憩を取って無理をしない勤務を徹底してください。たいていの場合、看護師の人間関係は良くないということも、しばしば言われるようですが、どうやら、高い割合で女性の数が多い仕事場であることが、理由の一つであるようです。一般的な女性の傾向として、気の合う者同士でグループを形成しやすくあれこれと他人の噂話などを楽しむことがよくあり、女の人が多い職場であれば、こうしたことはよく起こっているのでしょう。慣れていないと、そんな環境にあまり良い気分もしないでしょうが、それもこれも、ただ職場に女性が多いからであり、そのことは達観しておくのが良いでしょう。病棟勤務に就いている看護師の勤務形態ですが、文字通り24時間を2分割する2交代制、3分割する3交代制によりもれなく夜勤業務に入ることになるでしょう。夜勤中の業務については、日勤の場合と比べると現場から医師や看護師も減ってしまいますし、夜中の少人数体制の中でナースコールが鳴りやまない、重体患者の容体が悪化したなど、決められた作業以外の急な対応が増える傾向があります。そうこうしながらも、いつもの作業も必要ですから、結局その作業量はおおむね日勤よりも多くなるのが普通です。看護師と言えば、勤務時間中はとにかく仕事に追われることが多いのですが、もはや看護師なしの病院などあり得ませんし、とても働きがいのある仕事であることは、間違いありません。病院は24時間休みなく動いていますから、24時間切れ目なく看護師もいる必要があります。そのため、業務は日勤と夜勤という形に交代しながら働く形になります。夜勤のある仕事ではどうしても、生活リズムを上手にコントロールできなければ睡眠不足が続いて心身の健康に響くかもしれません。一般に高給取りだとされている看護師ですが、その給料は大病院や個人病院など、どういったところで勤務しているかにより、金額は相当変わってくるのが普通です。看護師が退職時にもらえる手当、つまり退職金ですが、公的医療機関であれば、看護師は公務員、あるいは準公務員の扱いですから、しっかりと勤務した年数などから退職金が算出され、そうした規定に沿って支払われます。ところが、個人病院の方では、退職金について、はっきりとした決まりもないことがあり、病院のトップである、院長先生の判断に左右されるようです。つまり、規定に沿う額の退職金がきちんと支払われるのは公立病院で、あとは病院によるようです。看護師として、初めての病院で働きだそうとする際、気になるのはその配属先ですが、面接の際の希望をほぼ聞き入れてくれる場合もあり、また、人事を担当する人の考えによって決定に至ることもあります。配属先の決定は、病院側によって、人材を希望する各部署からの要望と、新人の適性から判断され、導き出された結果としての配属であるはずです。ですがもし、配属先での仕事があまりにも自分向きでない、など疑問に思うのなら、指導に当たる人や上司にそれを伝え、配属理由について聞いてみてもいいでしょう。そこそこ昔のことではあるものの、看護師といえば極端に労の多い仕事であるという風に世間的に認知されていた節があります。しかし、ここ数年、仕事内容に相当する高額の給金を獲得できるスペシャリストであることは、世間的によく知られるようになっています。イメージが好転した大きな理由は報酬の良さもあるでしょう。看護師の給料と言えば、女性が筆頭の稼ぎ頭となって、世帯の維持が可能なほどなのです。そう、つまり看護師は高給を得られる仕事であるのは確実です。交代制で病棟勤務をしていると、土日も何もあったものではありませんが、やりようによっては、土日に休むことも可能です。病棟勤務だから昼も夜も週末も関係なく働くことになる訳で、外来勤務に変えると、基本的に土日は休みになります。予定にない急な出勤や、順番にまわってくる休日診療の当番などもあるのですが、土日は基本的に休みだと思って良いでしょう。他には、個人の病院で入院施設がなければ、診療科にもよりますが、たいてい土日は休めるようになっているでしょう。看護師は大変な仕事というイメージがすっかり定着していますが、看護師の平均寿命が特に短い、といったことはないようです。でも、夜勤もあって規則正しい生活が難しいこともあり、なかなか上手く眠れなくて、疲労を回復できなかったり、ストレスを溜めたりすることは多いようです。さて、看護師として長く働き続けると、それなりに医療についても学んできて、詳しくもなりますから、患者の身体の状態が、ある程度わかることもでてきますし、そのうち、自身の身体や健康のことなども異常を察知したり、勘が働いたりするようになる人もいます。少子高齢化が進んで、高齢者の数ばかり増えており、病院利用者も増加して、看護師もますます大変になっています。その労働環境は厳しく、残業、夜勤とわが身を顧みず働き続けて、過労死という痛ましい結果になった看護師もいます。たとえ夜勤をしない日勤だけの仕事になっても、多くは訪問介護の仕事があったりして、そこでも高齢者人数の増加によって、現場は常に人手不足で、看護師の需要は高いままであり、どうやら、看護師を巡る環境は、どこであっても厳しいみたいです。食い逸れる心配の少ない人気職、看護師を目指すには、専門学校であれば3年、大学なら4年といったようにそれぞれ勉強して、国家試験を受けることになりますが、これにバスしてようやく看護師という肩書きを得ます。試験は、驚異の合格率90パーセントを誇っており、ふつうに授業を受けていたなら、たやすい部類に入るのではないでしょうか。看護師の養成を目的とした、専門の教育機関は看護専門学校や短大など、いくつかありますが、今日では、幅広く勉強できて、関連資格の取得もしやすい4年制の看護大学を選ぶ人が多くなってきました。仕事場が医療現場であるだけに、看護師の責任は重く神経を張りつめていることが多く、これが続くとどうしても自覚の有る無しに関わらず、ストレスを溜めていることが多いです。要するに、身体的に大変な仕事、というのはもちろんのこと、メンタルの部分にもかなりのプレッシャーがあるということです。溜めてばかりだと良いことは少しもありません。解消の仕方を持っているということは大きな利点であり、看護師であり続けるためには重要視した方が良いようです。看護師という仕事に就いていると、他職種と比較して高いお給料をもらえます。それと関係があるのか、ファッションに敏感な人が多いと思います。そうはいっても、看護師といえば大変多忙な仕事でもあります。勤務先によりますが、休みがとりにくい職場もあり、金銭的に浪費する時間的余裕もなくて、貯金が増える一方だというようなことがあるようです。給料、そして休日の調和のとれた職場に勤めるのが最もいいと思います。ハードさで知られる看護師の仕事です。そのため、しんどさを覚える場面も多いはずです。二交代制、三交代制で避けては通れない夜勤も続けるうちに看護師の多くは、生活のリズムを大きく狂わせ、そんな生活が、体調に響いてしまうのもよくあることです。立ち仕事であり、責任も重く強いストレスを受ける仕事ですから、めりはりよく休まなければ疲れは身体から抜けることなく、慢性的な頭痛や腰痛などが発症し、心身への負担をしみじみと思い巡らすようなことになるのです。大変な激務と世間一般に認識されている看護師というお仕事の、その中身を少し見てみます。中でも病棟勤務ともなると、症状の重い患者さんを受け持つこともあるのですが、急変がいつ起こってしまうのか予測ができませんし、必要な人には、身の回りの世話や手伝いといったことも看護師の仕事です。急に手術の予定が入るようなことはしょっちゅうですし、スタッフの数が少ない夜間にナースコールに何度も応答することになったり等々、少々混乱してしまいそうなくらいにゴタゴタする夜を過ごすこともあります。収入面において、看護師という仕事は、女性が一般の仕事でもらえる額と比較して、随分と高給です。医療現場という、人命のかかった職場であり、夜勤や残業が多く、それに対する手当をしっかりともらえて、これが給料額を押し上げます。どちらかというと夜勤が好きで、いつも希望している人であるとか勤務終了でクタクタのところ更に残業をする人の給料をみると、普通に働いている他の人と比べると、かなり高くなるでしょう。免許が必要な専門職である看護師は、景気に左右されることなく、いつでも求人があるという強みがあり、転職もしやすいです。結婚や引っ越しといったようなその人の都合で職場を変えることもありますが、人によっては看護師としてのスキルをあげるために、転職を志す場合もあります。こういった動機で転職しようとする際は、明確な志望動機が必要で、そうでないと転職そのものが危ぶまれます。より幅広く看護の経験を積むために、多くの科がある病院に勤務したい、大病院で最先端の治療に接したい、というように向学心をわかってもらえるような志望動機が期待されます。やり甲斐という観点から見てみますと、看護師の右に出る仕事はそうそう無いのかもしれません。でも、反面、この職業ならではの苦労もつきものとなっています。肉体的にも精神的にも大変な仕事であることはよく知られていますし、実働時間の長さに加え、その不規則さも特筆するべきレベルですし、その上に、医療現場という緊張感もまた並大抵ではなく、そういった空気がスタッフ同士の小さなトラブルを生むこともあるでしょう。ハードさを充分納得しつつ、看護師のお仕事を希望し、勉強に励む人が多い訳は、難点を補って余りある大きな満足感も得られる仕事なのです。現実は、看護師が出てくるドラマとは程遠いです。通常業務のみでも大変忙しいのに加え、終業時間を超えても業務が残っていることが多く、残業を強いられることがままあります。ですが、もしもひどく忙しく、疲れている場合でも常に患者さんやご家族の前では笑顔を忘れません。ほんの少し前まで文句を言っていた人がすぐさま笑顔を向けられるのだから、看護師はさながら女優だなと感じます。職場を移りたい、と考える看護師は意外なほど多いようです。働く看護師が不足している病院などいくらでもあって、そのため求人の数はとても多いのです。今いる職場において、そこでの扱われ方が酷くて、まったくやりがいを感じられないとか、手当もろくに出ないのに残業がやたらと多いなど、転職に至る理由は、人それぞれ事情があるようです。もしその理由が、現状よりも環境や待遇を好転させたいというものなら、労働条件がどうなっているか、給料はいくらか、といったことだけを見ず、どういった評判があるか、ということも知っておきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です