大崎と深津

治療を受けても効果が長続きしなかった、という話をホワイトニングについてはよく聞きます。生活習慣や健康状態によりますが、数か月もすればまた黄ばんでしまうのです。ホワイトニングを極力維持したいなら、審美歯科の利用をお勧めしますが、ホワイトニングの手法や、いつまで白い歯でいられるのかなどを確認して、施術を開始してもらうべきでしょう。同時に歯科矯正も受けたいという方は、双方に習熟しているクリニックを選択しましょう。最近は技術が進んできた歯科矯正ですが、その原理が実際どのようなものか知っておきましょう。歯にブラケットという器具を取り付けて力を掛け、変な位置に生えている歯を本来の歯並びや噛み合わせに直すという手順になります。針金を掛けて盆栽の形を整える手法と同じようなものです。どんな器具が活躍するかというと、マルチブラケットというタイプが最も多く用いられています。半年から数年間に及ぶ矯正期間が終わった後は、矯正と同じくらいの期間、リテーナー(保定装置)を付ける必要があります。多くの方がご存知のように、歯科矯正は歯並びの治療としてはごく一般的です。ですが、注意していただきたいことがあります。歯科矯正は、長年定着している歯並びを無理やり動かそうとしているわけですので、自然と歯や歯茎に対して強いストレスを与えている状態になるわけです。理想の口元になるために痛みや違和感を我慢してでも最後までやる、と勝手に思い込まないように注意してください。痛みや違和感を我慢していては逆効果になってしまいます。ホワイトニングには、オフィスホワイトニング、ホームホワイトニングなど色々ありますが、いずれも天然の歯にしか効果がなく、人工歯には使えません。自分の歯を失って、差し歯やインプラントを使用しているという場合、そこにはホワイトニングは効かないということです。天然の歯だけが白くなって、差し歯が黄色いままだと、そこだけ浮いて見えてしまうということが有り得ます。とはいえ、同じタイミングで差し歯を取り換えるなど、全体の白さを保つ方法はあります。歯科矯正で歯並びも同時に調整したいという人は、審美歯科で専門の歯科医に相談してみるといいでしょう。歯を白くするホワイトニングの施術にとって、「天敵」と言えるのが喫煙です。とりわけ、ホームホワイトニング(自宅で行うホワイトニング)のように、ホワイトニングを徐々に進めていくタイプのやり方なら、毎日コツコツと処置を続けている意味がないということにもなります。ですので、歯を白くしたいのであれば禁煙するのが必須条件くらいに思っておきましょう。また、歯列矯正を受けている際にも喫煙はNGです。ケースバイケースとはいえ、ワイヤーを付けて歯を動かしていく歯科矯正ではいくばくかの苦痛からは逃れられないと言われています。しかし、歯科矯正のテクニックも進化を遂げているので、近頃では、痛みと無縁の矯正を受けられるところも増えているようです。矯正をしたいけど痛みがネックだ、と思っていた人も、これからは安心して矯正を受けられると言えるでしょう。歯科矯正には、器具を装着する以外にもマウスピースを使用する場合もあります。マウスピースの特徴は、何と言っても目立ちにくいということでしょう。マウスピースは装着しているかどうかパッと見て分かりにくいのはもちろん、治療方針によっては一日中装着しなくても良い場合もあります。このようなマウスピースは、家にいる時や寝る時だけの装着も可能ですので、誰にも気づかれること無く口元を整えられます。歯医者さんではホワイトニングやクリーニングを受けることができますが、まず、ホワイトニングは、基本的に美容がその目的となっています。歯は毎日使うものですので、日々黄ばんでくるものですが、ホワイトニングは、その黄ばんだ歯を真っ白に戻すという施術です。一方、クリーニングというのは、歯の汚れを落とすものですから、明確に医療を目的としています。加えて、歯科矯正の場合、単に見た目を改善するという他にも歯のかみ合わせを改善し、顎の関節症などを予防できる効果もあり、最近では利用する人が増えています。近年利用者が増えているホワイトニングには、毎回クリニックに通うものばかりではなく、ホームホワイトニングと言って、自家用の薬剤とマウスピースを使って行うものがあるのですが、薬液の効果が薄かったり、マウスピースを付ける時間が長く取れなかったりすると、思ったように効果が出ないで終わる可能性もあるということに注意してください。また、歯列矯正の施術を受けている最中は、ホワイトニングの同時利用は困難であるともされていますが、歯の状況などによっては、方法を工夫すれば両者を同時進行することもできるのです。歯のホワイトニングには大きく分けて二つの種類があります。歯科で全ての施術をしてもらうオフィスホワイトニングと、自分の歯の形に合わせたマウスピースを作ってもらい、自宅でホワイトニングの施術を進めていく、ホームホワイトニングという方法があります。より確実な美容効果を狙う場合には、歯科医院でも自宅でもホワイトニングを進めるデュアルホワイトニングを行い、即効と長期持続を両立させるケースもあります。状況や手法によっては、歯列矯正と同時並行で処置を行う事も不可能ではありません。歯並びがコンプレックスな方は割と多いようです。結婚や就職が切っ掛けになって、前から気になっていた歯並びの矯正を決意するケースがあります。ですが、歯列の矯正は、どこでもできる訳ではないので、どこの歯科で施術を受けるかが非常に重要です。頼りになるのはやはり専門医です。矯正専門の歯科は、わかりやすく「矯正歯科」と書いてあるので、そういうクリニックを率先して選ぶことにすれば、失敗は少ないでしょう。歯科矯正のおいては、歯に直接器具を付けて歯並びを整えます。ですからそれまで通りの歯磨きでは食べかすが残ってしまうこともあります。こうした汚れは、虫歯や口臭の元凶になりますから、食べた後は必ず歯磨きするようにしましょう。コツは面倒くさがらず一本一本の歯を丁寧に磨くと良いです。また、優しく磨くことも大切です。歯科矯正のブラケット(器具)を装着してから、矯正が完了し、器具を外すまでの期間は、一人一人の状況によって異なるとはいえ、大体、1年半から3年はかかると思っていいでしょう。ここは完全に人によりけりですから、平均よりも早く終わったり、あるいは平均より長くかかってしまうケースもありますから、いずれにせよ、歯並びを気にしている方は、なるべく早く専門医に相談してくださいね。歯並びが悪いと将来苦労するとか、幼い内の方が矯正しやすいから、といった理由で考え無しに歯科矯正を始めてしまうことはお勧めできません。虫歯治療で訪れた歯医者さんに矯正を勧められる場合もありますが、子供はまだ骨が成長しきっていませんから、必ずしも矯正が必要というわけではありません。しかし、本当に必要かは場合によりけりですから、歯科医師が勧める理由を詳しく教えてもらうことは必須といえるでしょう。最近は色々な手段が登場してきた歯科矯正。今は歯の表ではなく裏面に器具を取り付ける方法もあります。裏に付けるタイプの場合、見た目が不細工にならない利点がある一方で、多くの手間や時間がかかる上、舌など口の中を傷付けやすいなどの難点もあるので気を付けましょう。これに対し、表側に矯正器具を付ける場合、外見的には悩みどころですが、今時は透明や白のブラケットも出てきたので、出来る限り目立ちにくいものを使うという余地があります。歯科で歯並びの矯正を受けるときには、前もって不要な歯を抜歯しなければならない場合もあります。大きくゆがんだ位置に生えてしまっている歯をあるべき位置に動かそうとしても、スペースがなく無理だという場合もあり、抜歯はそれを見据えた処置ということです。こうした状態では、そのまま抜歯なしで進めてしまうと、歯の並びが広がってしまって、顎の形まで変わってしまうことが有り得るのです。多くの方が利用されている歯科矯正。それは、歯に装着したブラケットなどの器具により、ゆっくり時間をかけて、歯並びを治していくものです。むろん、歯に負担がかかるほどの負荷というわけではないですが、歯にかかる痛みや、それによる精神的ストレスに悩まされる方も多いです。器具を付けてしばらくすると違和感はなくなりますが、いつまで経っても痛い場合は、なるべく早くに担当の歯科医師に診てもらうことです。歯科治療の意外な副作用としてたまに声を聴くのは、信じがたいですが、歯並びを矯正したことで肩こりが収まったという話です。これはデタラメではありません。歯並びは頭蓋骨と直結しており、そのため、歯並びが悪いと首や肩にまで影響が出て、歯並びの悪い人は慢性的な肩こりに悩まされることがあるのです。肩こりにお悩みの方の中で、そういえば歯並びが悪いんだという方は、矯正を専門としている歯科医院を訪ねてみてもいいかもしれませんね。少し前まで、歯科矯正といえばワイヤーを用いた方法しかなく、たとえ透明なワイヤーによる方法でも、一目見れば分かってしまうといった悩みを抱える患者さんは非常に多かったのですが、今では、マウスピースを装着して矯正していくことができるので、誰にも知られず進められる治療法が実現可能になり、注目されています。しかも、マウスピースなら自由に取り外せるので、これまでのやり方と比べて衛生面でも優っており、利用できる状況が拡大すれば、歯科矯正の主流に取って代わるのではないかと思われます。ホワイトニングで歯の色を綺麗にしても、肝心の歯並びが悪いままだと、良い印象を受けないのが現実ではないでしょうか。そんな時に利用される治療が歯科矯正です。矯正にかかる費用は意外と知られていないようです。患者さん一人一人の状況に応じて手法や治療期間も変わるため、必要な金額も大きく変動してくるのが実際のところです。歯科矯正の施術内容は本当に幅広いですから、事前に歯科医師に聞いておくのを推奨します。顎の形などが気になる人は、もしかすると、歯並びが悪いことがその歪みの原因になっているのかもしれません。上顎前突症(出っ歯)や下顎前突症(受け口)などの症例では、歯科矯正の治療を受けることで、歯並びに加えて顔の形も改善できるという成功例も多々報告されています。矯正を受ければ、食べ物のかみ合わせもよくなりますし、運動時などに、歯をぐっと食いしばって力を入れるという動作も困難ではなくなるので、ストレスがなくなって自然と笑顔も出ることでしょう。ホワイトニングを利用すれば、僅かな期間で歯を真っ白にすることができます。しかし、一度の施術で永遠に白さが続くわけではありません。施術から数ヶ月間は白さが持続しますが、あくまで歯の表面が白く染まっているだけで、歯の性質自体は変わりませんから、少しずつではありますが、またヤニや黄ばみは付着していきます。これに対して、歯科矯正は、矯正の終了後、また悪化してしまうというケースは原則、有り得ないものと思ってよいです。歯科でホワイトニングをしてもらったのはいいけど、どのようにメンテナンスをしていけばいいかということには誰もが気になりますよね。この点はホワイトニングのみならず、歯列の矯正が終わった後などにも、繰り返し受診することが必要です。その日の内に効果が得られるのがオフィスホワイトニングですが、それでおしまいとするのではなく、担当の歯医者さんの指示に合わせて定期的に診察に通って、経過を診てもらいましょう。ホワイトニングの利用にあたっては、どこの歯医者さんに行けばいいのか、初めての方にはお悩みもあるかと思います。一つ重要なアドバイスを差し上げます。従来の歯医者さんでも最近はホワイトニングを扱う場合がありますが、そういった施術を専門としている審美歯科の方がより頼りになるでしょう。こういった専門の歯科では、歯の黄ばみの原因から詳しく話してくれて、普通の歯医者さんよりも「美」を追求した施術を行ってくれるのです。インプラントや歯列の矯正といった処置を受ける際にも、やはり、どこの歯科を選ぶかが大事になってきます。気になる歯の黄ばみを簡単に落とすことができる、ホワイトニング消しゴムが店で売っていたので、買ってみることにしました。頻繁には使用しないようにパッケージにも書かれていましたが、簡単に歯が白くなるとあって、二日に一度は使っていました。一定の間隔をあけずに使ってしまうと、表面組織にダメージを与えてしまうということを、後から歯医者さんに聞いて知ったのです。また、ちょうど歯科矯正が終わったばかりという時期だったので、それも消しゴムによるダメージをさらに強めたのかもしれません。芸能人でなくても利用者が増えてきたホワイトニング。その作業は、自分の家でも手軽に行えるのが魅力の一つといえます。自分の歯の形に合ったマウスピースを歯科で作ってもらい、ホワイトニング用の薬剤を使い、毎日少しずつ処置を進めていきます。歯科にかからず、市販のマウスピースを使って行うホワイトニングも、その手軽さから人気になっています。歯科と比べて安価で行うことができますし、市販アイテムの種類や使いやすさも、一昔前とは比べ物になりません。これに合わせて、歯並びなどを改善する歯科矯正をすれば、美しさの大事なポイントである「口元の印象」を大幅に改善できます。歯科矯正には数十万円の費用がかかります。これが海外の場合、費用は安くなるでしょうか。実は、実際は大差ないどころか、かえって高いくらいです。医療の進んだ国といえばアメリカですが、かの国では保険が使えない場合が多く、そうなると全額が患者さんの負担となります。歯並びの矯正は、時間と根気が要る治療です。頻繁に通院して、口内に異常がないかチェックしたり、器具の位置を調整したりする必要があります。そのあたりの事情も考えると、国内で受けるのが無難でしょう。いつもの日常の中でも自由になれる時間ってそう多くないですよね。そうした日々の中で歯並びの治療をしようと歯科矯正を考えたとしても通院回数が多いのではないかと気にされる方も多いでしょう。例えば週1回の通院を続けてと言われても難しいこともあるでしょう。多くの矯正治療においては歯に器具を付けて歯並びを整えていくのですが、後の通院では器具の清潔さなどが主な治療内容になっていくでしょう。日常的に口内のお手入れを欠かさない方であれば矯正治療中であっても、そう頻繁に通院せずとも良いのかもしれませんので一度確認してみましょう。歯科矯正したのですが、それが原因で体調不良になって、しょうがないので矯正を中断しています。歯並びが悪く、口元がコンプレックスだったのでショックでした。歯科医には、矯正とは別に歯並びを改善出来ないかと質問しても、これといった方法は見つからなかったです。歯科矯正は誰でもできるものだと思っていたので、歯並びによっては向かない場合があるというのは、初耳でした。歯のケアにあたり、私はホワイトニングしか行ってきませんでした。白い歯は健康的な印象を与えると思っていたためです。でも、たとえ見た目を真っ白にしたところで、段々と歯は弱くなってしまっていたのです。歯茎を丈夫に保つ方向には意識が向いていなかったのです。他のことを考えずにホワイトニングばかりしすぎたので、歯茎が次第に弱くなっていくことに気付かず、ジュースなどの冷たいものを口にした瞬間、強烈にしみてしまうので、困っています。また、ホワイトニングばかりでなく歯列の矯正もしておくべきでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です